2009年5月9日

iPhone 3.0 Beta 5とWindows 7 RCでbluetoothテザリングをする

Eee PC S101にWindows 7 Rcをインストールした。
そこで先日アップグレードしたiPhone 3.0 Beta 5とBluetoothでテザリングをしてみました。
そのときの作業ステップは以下。

まず、デフォルトのWindowsではBluetoothのスタックが不完全で、Private Area Network接続ができない。これはサードバーティ製のBluetoothドライバを入れることで解決できる。私が愛用しているのは"Bluetooth Stack for Windows by Toshiba"というドライバである。ググればすぐに見つけることができる。ただし、このドライバのインストール途中に対応デバイスを接続するよう促される。


しかし、この時点ですでにスタックはインストールできているので「キャンセル」で抜けてしまってかまわない。


後はブルートゥースのアイコンからデバイス(iPhone)を追加する。
このときiPhoneはブルートゥースの検出可能画面にしておく。iPhoneとEee PC S101は十分近づけておくといいかも。
Windowsの方でiPhoneが検出されると以下の画面になる。

一方、iPhoneの方でも検出されたことの確認画面が出る。Beta 4以前では番号をiPhoneで入力するようになっていたが、Beta 5では単に「登録」ボタンでよいようだ。

Windowsに戻って、ここでPAN Network Access Profileを選択することが重要。

ここまですめば、あとは接続するだけ。


なんと!!Beta 4以前では接続速度が500kbpsに制限されていたが、Beta 5では2Mbpsで接続できるではありませんか!!



無線LANを切って、実効速度を測定してみました。


うーん、500kbps越しました!











Trying iPhone 3.0 Beta 5

iPhone 3.0 Beta 5を試してみました。Beta 4のときと機能的にはほとんど変わらないですね。
唯一、見つけたのはポッドキャストのメールアイコンの機能が実装されたこと。

このメールのアイコンをタップすると以下のようなメール作成画面が出てきます。ポッドキャストを共有できるわけですね。

iPhone 3.0 Beta 5 でテザリングできない対処

iPhone 3.0 Beta 5にする場合に iTunesを8.2.0.13にする必要があります。(これをしないとアクティベートできない可能性あり)
しかし、iTunes を 8.2.0.13にしてしまうと、Softbank_jp.ipccが初期化され、なおかつこのSoftbank_jp.ipccファイルを入れ替えることができなくなってしまいます。
(iTunesの画面から[Shift]+[Check for updates]のファイル選択ウインドウで.ipccファイルを選択できない)
これは何を意味するかというと、ソフトバンクキャリアでテザリングができなくなってしまうことになります。「一般」→「ネットワーク」→「テザリング」をONにすると、「テザリングの設定」というボタンになり、以後、「このアカウントでテザリングを有効にする場合は、ソフトバンクモバイルに連絡してください」となってしまい、テザリングは一切有効にできません。
しかし、これは単純な解決方法があります。
iTunes 8.2.0.13をアンインストールし、iPhone 3.0 Beta 4のときに公開された iTunes 8.2.0.10をもう一度インストールするだけです。これで.ipccファイルを入れ替えることができるようになります。
Beta 4のときに使っていたテザリングを有効にしたSoftbank_jp.ipccファイルを選択してiPhoneに入れてしまえば、もおBeta 4のときと同じようにテザリングが有効にできます。
video

2009年5月2日

iPhone 3.0 Beta 4 テザリング回線速度比較

Eee PC S101 + Windows 7 RC + iPhone 3.0 Beta 4 の組み合わせでテザリングによるネットワーク接続時の回線の実効スピードを測定しました。結果は以下。
Bluetooth接続もUSB接続も大して変わらないですね。誤差の範囲です。